自然な二重やパッチリ二重!二重整形で目元の印象をチェンジ!

メイクの方法に注意!

顔に触れる女性

二重にするためのメイクには注意が必要。

アイテープとか乱用すると眼瞼下垂になる、二重整形をしなくても二重になる方法はたくさん出てきました。アイテープやアイプチなどの、ふたえにするためのメイク道具もさまざまあり、たくさんの商品が出回っています。しかし、このような、二重を作るメイク道具は使用方法を間違ってしまうと、思わぬトラブルを招いてしまいます。メイクで済むなら二重整形をする必要はない、と考えている方は、二重を作るメイクツールの使用方法やメイク方法についてしっかりと学んでいますか?使用方法を守らずに、自己流でメイクを続けていると、まぶたの筋力が弱まってしまうことで、眼瞼下垂(がんけんかすい)になってしまう可能性もあるのです。もちろん、正しく使用方法を守ってメイクをしていれば、バランスの悪いまぶたを整えるのに便利で効果的なツールになります。しかし、間違った使用方法を続けていては、眼瞼下垂を引き起こす元になってしまう可能性もあるのです。眼瞼下垂というのは、まぶたの筋力が低下して持ち上げることができない状態のことをいいます。主に老化によって引きおこるイメージを持っている方が多いかと思いますが、若い方でも眼瞼下垂になる方が増えています。眼瞼下垂の症状が進行すると、視界の半分をまぶたが覆ってしまい、生活に支障が出ることがあります。初期の段階では気が付かないことも多く、徐々に症状は進行していきます。眼瞼下垂の治療方法には二重整形があります。しかし、眼瞼下垂が悪化したあとに二重整形をしようとすると、理想の形にすることはできなくなってしまいます。そうなる前に、マッサージやトレーニング、メイクツールの乱用などは控え、はやめに専門医に相談することをおすすめします。