自然な二重やパッチリ二重!二重整形で目元の印象をチェンジ!

一重について

医者と看護師

まずはまぶたの構造を知る!

二重整形を考えている人は、まぶたの構造がどのようになっているか考えたことはありますか?二重整形をする前に、まぶたの構造について学ぶことで、自分の目元がどのようになっているのか理解しましょう。まず、まぶたは皮膚、筋肉、そして脂肪が形を作っています。筋肉は、まぶたの開閉を制御する「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」、目の周りを覆っている「眼輪筋(がんりんきん)」、軟骨のような硬い筋肉の「瞼板(けんばん)」などがあります。二重や一重は、これらの筋肉の形によって決まってきます。二重まぶたや奥二重のまぶたは、眼瞼挙筋が枝分かれしているような構造になっています。眼瞼挙筋の一部が瞼板と眼輪筋を通って皮膚に繋がっていることで、目を開けた時に皮膚が折り込まれ、二重のラインが出てきます。折り込まれるラインの違いやまぶたの脂肪が多いことで奥二重になることがあります。一重まぶたは、眼瞼挙筋が皮膚に繋がっていないことが特徴です。繋がっていても、つながりが弱かったり、まぶたについている脂肪が多いことで、まぶたの皮膚が持ち上がらず一重になってしまいます。まぶたの脂肪は、二重と深く関係しています。筋肉は二重まぶたの構造であっても、まぶたの脂肪が多いと、一重になってしまうことがあるのです。

片目だけ一重もあり得る!

二重整形を考えているひとの中には、片目は二重なのに片目は一重でバランスが悪くて悩んでいる…。という方もいるようです。二重整形は、そのような悩みもしっかりと解決してくれます。このようンあ、バランスの悪い目元というのは、遺伝などの先天的な原因が大半になります。しかし、後天的な原因もあります。後天的に二重のバランスが悪くなる原因は、花粉症やアレルギーなどで、目元をよく触る癖がある場合、化粧品やメイクなどが原因で、目元がかぶれている場合、老化によってまぶたがたるんでいる場合、などです。このように、先天的、または後天的に、左右差のあるまぶたは、マッサージやトレーニングなどで改善しようとすると、目を傷つけてしまうこともあります。気になる場合は、早めに専門医に相談し、二重整形も検討してみましょう。